セラミド美容液 保湿化粧品

サイトTOP

セラミドの種類

一言にセラミドと言っても、色んな種類があります。
大まかに分けると

・ヒト型セラミド(バイオセラミド)
・擬似セラミド
・植物性セラミド
・ミルクセラミド

等が、あります。
この中で1番オススメなのが、保湿力が高くて刺激が少ない、ヒト型セラミドです。
セラミド美容液を選ぶ時は、ヒト型セラミド配合の物を選びましょう。

セラミドの表示は、セラミドの番号で記載されている事が大半です。
保湿力に優れているセラミドは、セラミド1・2・3の番号の物を選ぶようにすると良いでしょう。

更に、ナノ化された細かい粒子になったセラミドも開発されており、より一層浸透力を高める事が出来るセラミドもあります。
ヒト型ナノセラミド、このセラミドでしたら1番優秀でオススメ出来る美容液と言えます。

セラミド美容液のテクスチャー

テクスチャーは、自分の肌への馴染み方が理想的な物を、選ぶようにしましょう。
その為、どのテクスチャーが適しているという事は無く、好みで選ぶと良いでしょう。

肌が弱く敏感肌の方は、水っぽいテクスチャーですと肌負担になってしまう事があります。
水っぽいテクスチャーよりも、柔らかめのクリームタイプの方が、肌負担が少なく適しています。

テクスチャーは、美容液のパッケージだけでは解りかねるので、テスターや試供品で事前にチェックして自分に適した美容液を選びましょう。

更なる相乗効果を産んでくれる成分配合の美容液を選ぼう

セラミドは、肌の奥の土台部分から潤いに満ち溢れた肌に出来る、保湿の為には欠かせない成分です。
セラミド美容液は、これらの部分に特化して効果を発揮してくれます。
出来れば、セラミドの他にも肌の強化を期待出来る成分が入っている美容液を、選ぶようにしましょう。

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・ビタミンC

これらは、肌のハリや弾力を強化し、肌の劣化を抑えてくれ、更に肌の酸化も防いでくれるので、年齢肌には必須な成分です。
セラミド美容液で一緒に肌に浸透させる事で、肌を確実に強くさせる事が出来ますよ。

セラミド美容液は安価な物は効力が薄い

セラミド入りの美容液ですが、選ぶ際に「安い」と思って飛びつく方も居ると思います。
安いとお買い得なイメージがあるかもしれませんが、セラミド化粧水の場合、そうじゃない可能性が大きいと言えます。

セラミドは、化粧品の原料として比較的高価な成分です。
セラミドが入っているとしても、極端に安い美容液ですとセラミドが微量にしか含まれていない場合があります。
類似品も沢山出回っているようなので、きちんと見極めて選ぶようにしましょう。

一般的なセラミド美容液の値段の目安は、3,000円以上と言われています。
それより安価な物は、セラミドの効果が極端に薄い、もしくは殆ど入っていないと思うようにしましょう。

セラミド美容液の使い方

美容液なので、お使いのセラミド美容液に記載が無い場合は、一般的に化粧水の後に使用します。
化粧水を肌に馴染ませ5分くらい置き、適量のセラミド美容液を手に取って顔全体に馴染ませます。
顔の中心から外側へ向かって、顔全体に平均的に馴染ませましょう。
この時、鼻や口、目の周り等の凹凸が多い部分や、生え際等にも馴染ませるようにしましょう。

顔全体に平均的に馴染ませたら、手の平で30秒ほど顔全体を包み込むように温めます。
この工程を行う事で一期に浸透力が増しますので、必ず行いましょう。
ポイントは、そっと顔全体を包み込む事。
肌に必要以上に摩擦力を掛けてしまうと肌負担になりますので、あくまでやさしくです

カテゴリー
TOPページ